自然災害の教訓「日々の備え!」

先日の記録的な猛威を振るった【台風19号】

皆さん被害はございませんでしたか?

 

私が住む地域では携帯電話がけたたましく幾度も鳴り、【緊急速報】が届きました。

数時間ではありましたが、避難所生活を体験することに…

自分の住む場所は「何も起きない、大丈夫 ‼」と過信していましたが、

翌日の荒川の河川敷の様子を目の当たりにし、恐怖を感じました。

 

 

▲普段の荒川                   

 

▲台風19号通過後の荒川

 

今回の経験で私が台風で学んだ事は、

①普段から防災リュックを準備、そして定期的にチェックする

②居住地域に関心を持つ

 ・ハザードマップに目を通し、危険地域、避難所等のチェックは必要だと思います。

③自宅の点検

 ・台風やゲリラ豪雨が来る前に日頃から屋根まわり外壁などのチェックをする。

 

今回被害に遭われた方々、一日も早く日常生活に戻れるよう、

心よりお祈りいたしております。

大塚建設は一日も早い復興、復旧に尽力してまいります。

何かお住まいでお困り事や、ご心配事ございましたら、小さな事でもご相談下さい。

 

鴻巣本社 事務:加村

2019年10月に投稿された記事の一覧を見る

TEL:0120-07-1537
2019/12/11[09:00:07]