非日常が日常となりつつ今…

我慢の「ステイホーム」のなか、少しでも家での居心地の良い空間作りにと…

日頃、先延ばしにしていた断捨離をしたり、休校中の子供とワックスがけをしたりしました。

家が綺麗になると気分が上がるものですね:smile:

それなりに、「ステイホーム」を有意義に過ごしていました:hoshi1:

 

ところが、コロナによる外出自粛の意外な盲点がありました。

一人暮らしをしている父の電話の声が日に日に弱々しくなってきたのです。

普段、自力で外出している父のような比較的健康なお年寄りの居場所もコロナの影響で閉館となり、

コミュニケーション不足で孤独感を覚えたのでしょう。

以前日照時間が少ない地域には、鬱に近い体の不調を訴える方が多いと聞いた事があります。

ドライブ好きで天気の良い日はよく出かけいた父は適度な日光浴も同時にできていたのでしょうが、

こちらもできず体調不良の2つの要因が考えられました。

梅雨に向かうこの時期、貴重な晴天な日は適度な日光浴をオススメします:hare:

また、コロナウイルスの感染予防には、紫外線が有効だといういう研究もされているようです。

さらに、あわせて外気を取り入れ換気をすることも重要です。

大塚建設のテーマである『光と風』

 

改めて、家族と家·住まい方について見直す機会となりました。

皆さんもぜひご家族でお住いについて、話し合ってみてはいかがでしょうか:razz:

 

鴻巣本社 事務:加村

2020年5月に投稿された記事の一覧を見る

TEL:0120-07-1537
2020/05/25[23:36:44]