住いの在り方の変化

朝夕の風が、秋の訪れをささやく季節になりました。

さてみなさんおげんきですか?

今回は、「家」での生活を改めて考える・・をテーマに書いてみました。

 

コロナ感染拡大で、リモートワーク、ステイホームなど外出を控え「家の中」

での生活を余儀なくされました。

そんな環境が生み出した病:ストレスによる様々な症状がメディアで

報道されました。中にはあってはならない悲惨な事件も起きました。

そこで見直されたのが「家」・・家を単なる睡眠と休息と食事の場所で

はなく健康維持のための「住まいのあり方」がクローズアップされました。

例えば、一室を完全隔離できる部屋を作る(将来起こりうる感染病対策)、

本格的な仕事部屋を用意する(集中できるスペースの確保)、玄関に手洗い

場所を作る・洋服を玄関で着替えるようにする・玄関から洗面室に直接行け

るようにする(感染症などのウイルスを家に持ち込まない)等々。

そして特に注目を集めたのは室内に「家族が遊べるスペース」を作る。単に

「部屋がある」だけではなく「トレーニングができる」、「音響設備がある」、

「大きな声が思いっきり出せる」などアミューズメント要素のある家づくりが

注目され始めています。

もともと「住まい」は家族団らんの場所ではありましたが、もっと多目的に

使える場所として変化していく予感があります。

 

私たちはこうした社会の変化に適した「住まいづくり」を目指して、みなさんに提案、提供できるように努めていきます。

大塚建設の「住まいづくり」にご期待ください!!

 

上尾展示場 営業:松山

2020年10月に投稿された記事の一覧を見る

TEL:0120-07-1537
2020/10/27[23:15:20]