引越し後、思ったより狭いと感じるケース!

念願の戸建てで暮らし始めたところ「あれ?思ったより狭いなぁ」と感じてしまうケースを耳にすることがあります。

 

間取り図を見てイメージをしている時には、実際の広さを見ていないので、どんなにCGを見たりしたとしても、イメージとの「ずれ」はおきてしまいます:sad:

間取り図上の広さでは十分だと思っていても、実際の家具やその他の荷物を入れると、思ったより狭いなあと感じる方が多いのです。

 

例えばこんなことが原因で狭く感じてしまうケースがあります:!:

・大きなソファを置いたら空いているスペースが少なくなってしまった
・家具の高さがあり、圧迫感が感じる
・子どもが生まれて荷物が増えて狭く感じるようになってしまった
・窓が小さくて部屋が狭く感じてしまった
・思ったより収納スペースが少なく、物で埋まってしまっている・・・など

特に家族が集まり、長い時間を過ごすリビング空間には「思ったより狭い」と感じてしまうことが多いようです。

 

そんなときには、この様な事を取り入れて計画してみたらいかがでしょうか!

 〇 背の低い家具やコンパクトな家具を選ぶ

ロータイプの家具を置くことで視線が見渡せて、圧迫感を感じずに同じ面積でも広く感じることができます。

奥行のあるソファなども狭く感じてしまうので、背の高さ、奥行にも注意ください

〇 間仕切りのない一体空間のLDKにする

間仕切り壁があるとそこで視線が区切られるので、同じLDKの広さでも狭く感じられる場合があります。

壁のない一体空間のLDKは視線が通り広く感じられるので、お勧めです

〇 収納スペースを確保して、部屋が散らからないようにする

部屋に物が散乱しているとどうしても狭く感じてしまいます。

リビングに収納スペースを確保して物が散らからないようにしましょう。

〇 壁紙やカーテンは柄物や濃色を避け、開放感のある明るい色を使用する

〇 テレビ台をやめて壁掛けテレビにする

新築の場合、事前に下地や配管を準備できるので、思い切って壁掛けテレビにするとスッキリしますね。

空間を広く感じさせる工夫のひとつですね。

ライフスタイルの変化に対応できる住まいづくりを、お手伝いさせていただきます:hoshi1:

 

上尾展示場 営業:相沢

2020年10月に投稿された記事の一覧を見る

TEL:0120-07-1537
2020/10/27[23:57:04]