楽器演奏が気兼ねなく楽しめる本格的防音室のある家(鴻巣市K様邸)

お客様の声

音楽好きの我が家は、防音室が欲しいと思うようになり、昨年、ちょっと相談のつもりで、大塚建設さんに伺いました。防音室は重い鉄のドア、密閉された空間ですが、こちらの希望は「リビング直結の開放感のある、庭も眺められる防音室」というものでした。ちょっと相談のつもりが、防音室のある家が現実になってしまいました。夢をかなえていただき、とても満足しています。

担当者から一言

K様邸の見どころは何といっても防音室です。お施主様のおっしゃる通り、防音室=鉄のドア・密閉された空間というイメージです。ところがK様邸の防音室は全くそのイメージとは違います。リビングに面する防音室の出入り口建具は、透明のガラスに白い枠のサッシです。重苦しさも閉塞感も全くありません。防音室というよりはリビング続きのお洒落なアクセント空間のようです。もちろん本来の目的である防音効果も十分です。計測の結果、室内・室外など場所により異なりますが-55dBから-70dBでした。例えば電車のガード下の騒音レベル(100dB)が静かな事務所(50dB)、畳のすり足(40dB)、夜の郊外住宅地(30dB)のレベルまで下がる程の効果が得られています。

2014年9月に投稿された記事の一覧を見る

もっと見る

TEL:0120-07-1537
2019/05/24[20:21:29]