限られた敷地を最大限に活かした空間づくり(桶川市S様邸)

お客様の声

敷地が狭く、隣の建物とも近く、建て替えは諦めていましたが、何回か打合せを進めて行く内に、営業の方の熱心さに建て替えを決めました。解体工事、地盤改良工事、基礎工事と進みいよいよ棟上げ、檜4寸角の木材を使用した、骨組みは、誰の目にも違いが分かりました。大工さん始め職人さんには、こちらからの要求にも気持ち良く接して頂き、ご近所の人からも評判が良かったです。本当に有難うございました。

担当者から一言

南側に面したバルコニーはゆったりとしたスペースが広がり奥様に嬉しい使い勝手の良い空間となっています。
リビングには高窓・階段には吹抜けを設置し光を取り込むことにより明るく開放的な空間を演出しています。
シューズクローゼットや食品庫・納戸など収納スペースを多くとることで片付きやすいスッキリと、広々とした間取りとなりました。
材木は檜四寸角を使用。制震システム、熱交換換気システム、アクアフォーム断熱材、樹脂サッシなど充実の設備です。
玄関までのアプローチにはゆったりとした階段を設けバリアフリーの設計となっています。 

2015年4月に投稿された記事の一覧を見る

もっと見る

TEL:0120-07-1537
2018/12/12[15:59:26]