築45年の古民家をリノベーション 白岡市 H様邸

 お客様の要望 築45年の古民家をリノベーション

施工のポイント

今回のご計画はお施主様から

「建替えた方が良いのか?」「リフォームでも対応できるのか?」

とのご相談を受け、両方のプランをご提案させて頂きました。
・建替えだと工事中の仮住まいが大変
・リフォームでも建替えしたのと同じ様な間取りが出来る
・リノベーション仕様にすることで、耐震性・断熱性も新築並みになり、バリアフリーで
 安心・安全な住まいに価値を上げることが出来る
この様なお話しをさせて頂き、今回のご提案での工事が実現しました。
①生活動線・家事動線に配慮した使い易い、家族の集える間取り
②屋根材を重い瓦葺から軽くて丈夫なガルバ鋼板葺きに葺替え
③構造体を確認し、基礎を補強・弱っていた土台・柱の交換、耐力壁の新設
④全サッシを交換、Low-Eガラスで断熱性も向上

⑤電動シャッターを採用したので開閉も楽になりました

⑥車イスでも移動が容易に出来る様、スロープの設置・玄関をフラット仕上げにし、
  入口幅も広くしたバリアフリー設計 水回りの介助も楽に出来ます
⑥洗面台も車イス対応
⑦キッチン・ユニットバス・トイレも交換し、すっかり「新築」の様になりました

 

お客様の声

古い築45年のしもた屋をリフォームしました。柱は相当傷んでいたり、昔ながらの古い土壁でそれを壊すため、大工さんは体中埃まみれになってやりにくい仕事をよく面倒をみて下さりました。ここに住む住人は年寄りですが、すっかり見違える程にモダンに素敵ですっきり、ワクワクの家になりました。電動シャッターには楽ちんで感動して歌がとび出ます。リフォーム万歳です。

2019年2月に投稿された記事の一覧を見る

TEL:0120-07-1537
2020/07/13[14:51:19]