スタッフブログ

お客様の理想の住宅をご提案

内断熱・外断熱

こんにちは♪今日は断熱性のお話です。

 お客様に「断熱材は何を使っていますか?」と、よく聞かれます。

主流は「グラスウール」ですが、発泡ウレタンやポリウレタンの外断熱も対応しています:upup:

 

断熱工法には大きく分けて内断熱仕様・外断熱仕様の選択が出来ます。

実際どちらを選べば良いか良く分からないとの声も聞きます。迷ってしまいますよね:orooro:

僕は性能で言うと外断熱の方が良いと思います。何故かと言いますと、柱の外側に断熱材を独立させているからです。

その点、内断熱は柱と柱の間に断熱材を充填しているので、内断熱は言わばハイブリット的になります。

しかし内断熱もそれなりの扱いをすれば性能は保て、性能の差はさほどありません。

コスト面や施工方法に違いがあり、実際にどちらが高いか安いかは間取りにもよりますのでご相談下さい。

 

せっかくのお家造りですので納得のいくまで、お客様お一人お一人のスタイルに合ったプランを弊社建築士がお手伝いいたします。

 

鴻巣本社 営業:伊藤

引越し後、思ったより狭いと感じるケース!

念願の戸建てで暮らし始めたところ「あれ?思ったより狭いなぁ」と感じてしまうケースを耳にすることがあります。

 

間取り図を見てイメージをしている時には、実際の広さを見ていないので、どんなにCGを見たりしたとしても、イメージとの「ずれ」はおきてしまいます:sad:

間取り図上の広さでは十分だと思っていても、実際の家具やその他の荷物を入れると、思ったより狭いなあと感じる方が多いのです。

 

例えばこんなことが原因で狭く感じてしまうケースがあります:!:

・大きなソファを置いたら空いているスペースが少なくなってしまった
・家具の高さがあり、圧迫感が感じる
・子どもが生まれて荷物が増えて狭く感じるようになってしまった
・窓が小さくて部屋が狭く感じてしまった
・思ったより収納スペースが少なく、物で埋まってしまっている・・・など

特に家族が集まり、長い時間を過ごすリビング空間には「思ったより狭い」と感じてしまうことが多いようです。

 

そんなときには、この様な事を取り入れて計画してみたらいかがでしょうか!

 〇 背の低い家具やコンパクトな家具を選ぶ

ロータイプの家具を置くことで視線が見渡せて、圧迫感を感じずに同じ面積でも広く感じることができます。

奥行のあるソファなども狭く感じてしまうので、背の高さ、奥行にも注意ください

〇 間仕切りのない一体空間のLDKにする

間仕切り壁があるとそこで視線が区切られるので、同じLDKの広さでも狭く感じられる場合があります。

壁のない一体空間のLDKは視線が通り広く感じられるので、お勧めです

〇 収納スペースを確保して、部屋が散らからないようにする

部屋に物が散乱しているとどうしても狭く感じてしまいます。

リビングに収納スペースを確保して物が散らからないようにしましょう。

〇 壁紙やカーテンは柄物や濃色を避け、開放感のある明るい色を使用する

〇 テレビ台をやめて壁掛けテレビにする

新築の場合、事前に下地や配管を準備できるので、思い切って壁掛けテレビにするとスッキリしますね。

空間を広く感じさせる工夫のひとつですね。

ライフスタイルの変化に対応できる住まいづくりを、お手伝いさせていただきます:hoshi1:

 

上尾展示場 営業:相沢

住いの在り方の変化

朝夕の風が、秋の訪れをささやく季節になりました。

さてみなさんおげんきですか?

今回は、「家」での生活を改めて考える・・をテーマに書いてみました。

 

コロナ感染拡大で、リモートワーク、ステイホームなど外出を控え「家の中」

での生活を余儀なくされました。

そんな環境が生み出した病:ストレスによる様々な症状がメディアで

報道されました。中にはあってはならない悲惨な事件も起きました。

そこで見直されたのが「家」・・家を単なる睡眠と休息と食事の場所で

はなく健康維持のための「住まいのあり方」がクローズアップされました。

例えば、一室を完全隔離できる部屋を作る(将来起こりうる感染病対策)、

本格的な仕事部屋を用意する(集中できるスペースの確保)、玄関に手洗い

場所を作る・洋服を玄関で着替えるようにする・玄関から洗面室に直接行け

るようにする(感染症などのウイルスを家に持ち込まない)等々。

そして特に注目を集めたのは室内に「家族が遊べるスペース」を作る。単に

「部屋がある」だけではなく「トレーニングができる」、「音響設備がある」、

「大きな声が思いっきり出せる」などアミューズメント要素のある家づくりが

注目され始めています。

もともと「住まい」は家族団らんの場所ではありましたが、もっと多目的に

使える場所として変化していく予感があります。

 

私たちはこうした社会の変化に適した「住まいづくり」を目指して、みなさんに提案、提供できるように努めていきます。

大塚建設の「住まいづくり」にご期待ください!!

 

上尾展示場 営業:松山

住いの台風対策としてできること

こんにちは、このところ朝晩が涼しく、気持ち良いですね!

今は、静まっていますが、大きな台風も、これからやってくるかもしれません。

 毎年、日本列島を襲う台風は、ときに大きな被害の爪痕を残しています。

 

これから家を建てるなら、どんな対策が良いのか?

災害対策も考えた家づくりが必要になってきますね・・

 

台風に備えた家づくりを考えるなら、強風によって飛んできたものが窓ガラスを割らないように、全部の窓にシャッターや雨戸をつけるのが一つです。

反時計回りに風が渦巻く台風は、風の向きと台風の移動する方向が一緒になる台風の右側が被害が大きくなる傾向にあるみたいです。

台風の右側の風は、一般的に東・南から吹く風となります。そのため、風が強くなりやすい東面と南面は対策を万全にしておいた方が良いのです。

また、家の東側に雨漏りの原因になりやすそうなものを作らないのも有効です。
例えば、出窓は外壁との間に継ぎ目を作ることとなり、劣化や雨漏りしやすい部分。出窓を作るなら、東面は避けた方がいいかもしれません。

 

家づくりの段階からできる対策以外にも、被害を最小限に抑えるためにやれることはたくさんあります。

 ・家の周りにある植木や自転車など(飛ばされそうなもの)は屋内にしまう

・雨戸やシャッターがあれば閉める

・物干し竿などはしまう

・もしもの停電に備えて、懐中電灯や電池、バッテリーなどを用意しておく

 

少しの心がけで被害が少なく済ませられることもありますから、ぜひ面倒くさがらずにやっておいてくださいね!

 

上尾展示場 営業:斎藤

変動金利・固定金利どちらが良いの?

本日は皆様がマイホームを建てる時、大半の方が利用する住宅ローンについてお話します。

『変動金利・固定金利』馴染みのある用語であると思いますが、実は3つの金利タイプがあります。

①変動金利

半年ごとに金利が見直されるが、返済額に変動が生じるのは5年が経過した時。

金利が一番低く設定されている。

②固定金利選択型

2・3・5・10年など金融機関によって異なりますが、最初に定めた期間の金利は変わらず、この期間が終了する時に改めて金利タイプを選択できる。

③固定金利型(全期間固定金利)

借りた時から返済が終了するまで返済額が変わらない。

返済計画が立てやすいが、その分金利が高く設定されている。

 

住宅金融支援機構が調査したデータで見ると、住宅購入者の6割が変動金利で組まれている様です。

どの金利が良いかはご家庭の状況により異なります。

ライフプランと共に安心な家創りをお手伝い出来ればと思います:hoshi1:

住宅ローンのお悩みも、お家の事ならどんな事でもお気軽にご相談下さい:-D

 

吹上展示場 営業:永井

外構・エクステリアもお任せください!

今回は、お住まいを建築するときに一緒に考えたい外構・エクステリアについてお話したいと思います:wa-i:

 ふと街中で見かける素敵な住まいは、花壇に季節の花々が植えられ目を楽しませ、門まわりやアプローチが建物と上手にデザインされ一体感あるひとつのアートのように映ります。

住まいの「顔」となる重要なところですね:hoshi1:

また、外まわりに気を配ることは、住まいを美しく魅せるだけではなく機能性や安全性を高めることにもなります。

もし、既存のお住まいにおいて、植栽や生垣の剪定がこまめに出来ず鬱蒼としてしまうと隣地とのトラブルや防犯面でも問題に。また、古くなったブロック塀や錆びたフェンスも大きな地震があった際に危険ですよね:orooro:

などなど…

大塚建設ではお住まいの建築だけではなく外構・エクステリアについてもご提案させていただきます。

日毎に涼しくなってきたこの時期にちょっとお庭を見ながらお考えになってみませんか:welcome1:

 

吹上展示場 事務:前田

間取りを考える上で大切な【動線】

間取りを考える際、動線について考えていますか?

動線とは、人や物が移動する際の経路と言う意味で、【家事動線】・【通勤動線】・【衛生動線】・【来客動線】などがあります。

【家事動線】

時間と労力のかかる家事をできるだけ楽に済ませる為には、家事動線がとても重要になります。

短くシンプルにすることで、日々の生活が格段に楽になります。
例えば洗濯の動線を考えると脱ぐ⇒洗濯する⇒干す⇒たたむ⇒しまう⇒着る

という順番で動きを意識してみると良いかもしれません。
それを踏まえると、買い出しの食料品をすぐにしまえるように、キッチンに勝手口を設け、勝手口の横にパントリーや家事室を配置、その奥にランドリールームを設ければ効率よく作業できます。

【通勤動線】

通勤動線とは、それぞれの部屋から出て準備をして出かける際の通り道のこと。

忙しい朝に、家族がスムーズに出かける準備ができるよう、廊下を広めにして行き来を楽にしたり、洗面台は広めにして同時に支度が出来る工夫が必要です。

また、お母さんは自分の支度をしながら料理を作ったり、子どもにご飯を食べさせたりしなくてはいけません。
そのため、キッチン、洗面所、リビングを自由に回れる回遊動線がおすすめです。

【衛生動線】

水廻りは1ヶ所に集めた方が効率は良いですが、トイレがキッチンに近すぎると衛生面で抵抗がありますし、リビング・ダイニングに近い場合も食事中など音が気になってしまうかもしれません。
 遊びざかりのお子様がいらっしゃる場合、泥だらけで帰ってきてもすぐに洗うことが出来る様、洗面所やお風呂場が近いと良いですね。今は新型コロナ対策として、玄関の外や入ってすぐのところに手を洗うスペースがあると嬉しいですね。

【来客動線】

来客があった場合、玄関からリビングや客間にお通しすると思います。
来客動線のポイントは、移動の際にプライベートな物が見えないようにすること。

洗面所や浴室が見えてしまうのは恥ずかしいですし、アイランドキッチンの場合はリビングからキッチンが見えるので、
リビングから見えない位置、キッチンの横にパントリーを設置しておくと、見せたくない物はしまうことができます。
また、来客者と家族の動線が重ならないようにすることで、来客中でもほかの家族がストレスなくトイレや洗面所を使えます。

大塚建設では、動線を考慮した暮らしやすい間取りをご提案しております。

また、完成現場も随時ご案内しております。建築現場をご自身の目で確認しながらお家造りの話をしてみませんか?

 

吹上展示場 事務:若山

一度は訪れたいから、もう一度訪れたいへ…

皆さん、マスクが手放せない生活が日常となってしまい、精神的にも息苦しさを感じてませんか?

遠出もままならないので、これを機に以前から一度は行ってみたいと思いつつ、

あまりに近場なので後回しになっていた川島町にある『遠山記念館』へ行ってきました:smile:

日興証券(現 SMBC日興証券)の創設者 遠山元一が一度幼い頃に手放した生家を巨額を投じ、

再興した母への愛情が詰まった邸宅です。2年7ヶ月を費やし昭和11年完成しました。

東棟(民家様式)、中棟(書院造り)、西棟(数寄屋造り)三つの様式を取り入れたつくりとなっており、

平成30年には国の重要文化財に指定されています。

全国から腕の立つ職人(携わった職人 35,000人)を集めただけあり、

こだわりの職人技が細部に施され、驚きと溜め息の連続でした。

また、豪邸でありながら、東棟の居間には畳2枚が斜めに配置され、遊び心も感じられました:lol:

私が訪れた日は、ご婦人が2人素晴らしい中庭を眺めながら、

まるで我が家にいるかのように談話されていて、

その光景があまりにほっこりしていたので、邪魔せぬよう静かに邸宅を後にしました。

今回、残念ながら中棟2階は非公開でしたが、公開日もあり、様々なイベントも行われているようです!

皆さんもぜひ気分転換にお出かけになってみては、いかがでしょうか?

 

鴻巣本社 事務:加村

建築吉日って?

先日鴻巣市H様邸で上棟が行われました!

当日の朝から1日で1階から屋根の骨組みを作る作業です。

棟梁、当日お手伝いの大工さんの作業は、チームワークも手際もよく

ピッタピッタと木材がはまって組み合わさっていく様子はとても気持ちがいいです:lol:

この日は猛暑で休み休みの作業でしたが、3時頃には作業も終わり、

上棟式を行いました!

 

 

さて、こういった上棟式や地鎮祭等は日の良い日を選ぶことが多いのですが、

皆さん建築吉日ってどんなものかご存じですか?

縁起の良い日の決め方としては、「六曜」(大安、仏滅等)ありますが、

住宅に関しては「十二直」が使われます。

十二直(じゅうにちょく)とは暦注の一つで、建・除・満・平・定・執・破・危・成・納・開・閉

とあります。(漢字が多くて難しいですね:shock:)

これらは主に地鎮祭や上棟式など建築の重要な節目に使われます。

もちろんこの日も建築吉日でした:kaomoji7:

 

その反面、建築行事でさける日もあります。

「三隣亡」です。

三隣亡がいつから始まったのか由来は定かにはないそうですが、

その昔書物には「三隣宝」と書かれ「屋立てよし」「蔵立てよし」と注記が

あったそうで「吉日」として扱われていたそうです。

しかし、ある年こよみの編集者が「よ」を「あ」と書き間違え、

「屋立てあし」「蔵立てあし」としてしまい。意味が逆になったんだとか…

さらに「三隣宝」は凶日にふさわしくない文字のため「三隣亡」に改められたと言われています。

三隣亡は「屋立てあし」「蔵立てあし」とことから建築関係の大凶日とされ、

この日に建築関係のことを行うと三軒隣まで滅ぼすと言われています。

また、「高いところへ登ると怪我をする」と注記されいる暦もあり、建築関係の行為は避ける傾向にあります。

 

日常生活をする中で、なかなか日の良しあしを気にすることは少ないかと思いますが、

皆さんも、何か節目の際にはこういった吉日を気にしてみてはいかがでしょうか!

新しい生活の後押しになってくれるかもですね!

 

鴻巣本社 事務:堀越

タイミングって大切ですね!

こんにちは!

暑い日々が続き、コロナだけではなく熱中症にも気を付けないといけない等

いろいろ心休まらない日々が続いていますね:orooro:

 

さて、先日お盆の期間に少し気分転換をしようと思い、

幸手市にある権現堂公園に行ってきました!

桜やアジサイが有名ですが、それと同じ位向日葵も凄いんですよ!

 

一面の向日葵畑が広がっているんだろな…

そう思いながら実際に行ってみると、

この暑さが原因なのか、そもそも少しシーズンが遅かったのか枯れてしまっていました:naku:

もっと早く行っていれば!!

来年こそはタイミングを逃すことなく満開の向日葵を見に行きたいと思います!

 

皆さんもやりたい!と思うことがあれば、タイミングを逃さずすぐに行動に起こして下さいね!

 

▲顔のある子がいました:lol:

 

鴻巣本社 事務:小林

« 過去の記事
 
TEL:0120-07-1537
2020/10/25[00:29:05]