設計について

メーターモジュールやバリアフリーの事など、住まいの設計を進める中でよく ある話題や質問をまとめました。
これから住宅を建てるにあたっての参考になれば幸いです。

設計に関する質問とその回答

大塚建設の設計は風通し、日当たりを特に考慮しているそうですが・・・

風通し、日当たりを考慮することにより、冷暖房費をかなり節約できます。各階だけでなく、上下階での風通しも重要です。たとえば考え中のプランで昼間から電気をつけなければ暗い廊下などはありませんか?
ぜひ大塚建設の設計士にご相談ください。

大塚建設ではどのように打ち合わせを進めていくのですか?

当社の1級建築士がご希望、住まい方、予算等を伺い、お客様にとってベストなプランそして仕様までも提案させていただきます。リフォームの場合も同じです。

メーターモジュールとは何ですか?
基本的な柱の間隔が1メートルでプランニングすることです。
廊下や階段もゆったりした造りになります。バリアフリーにも対応しています。
バリアフリーとは何ですか?

高齢者や障害者が生活に支障がないよう、幼児が安全に使用できるよう建物を設計することです。
大塚建設では最初から年齢をかさねた時のこと、たとえば車椅子の使用も可能な安心な設計を心掛けています。
具体的には引戸の採用です。特にユニットバス、1階の扉はできるかぎり引戸にしています。

2世帯住宅は何に注意が必要ですか?

お互いのプライバシーを確保できることが仲良く長く住まうためのポイントになります。
大塚建設では数多くの2世帯住宅、様々な事例を扱っております。こちらもぜひ大塚建設の設計士に御相談ください。

TEL:0120-07-1537

このページの先頭に戻る
TEL:0120-07-1537
2018/09/26[10:45:51]