当社の工法や構造、建物の保証に関して

大塚建設が長年培ってきた工法と、建物を構築するための骨組みになる構造材、建物の保証に関する事などのご質問とその回答をご紹介しております。

工法・構造に関する質問とその回答

大塚建設はどの様な建物を建てているのですか?
住宅が基本です。
店舗付など併用住宅(美容室、飲食店、医院、スタジオ等)も多数行っております。
大塚建設の建物はどのような工法ですか?
木造軸組工法です。
日本の伝統的な家の建て方です。柱、梁、桁、筋交いなどで骨組みを作ります。
プランニングの自由度が高い工法です。増築にも対応可能です。木造が基本ですが、ご希望があれば鉄骨も承ります。
大塚建設の構造材はどのようなものを使っていますか?
国産檜を使用しています。
土台・通柱・管柱は4寸角の物を使用しています。
檜は乾燥性が良く狂いが少ない木材です。強度と耐朽性が良いため土台や柱に使われます。建立から約1300年経過した法隆寺も檜が使われています。
また、強さだけでなく、ストレス緩和・疲労回復・血液循環の促進などの健康効果、カビや細菌などを抑える抗菌・防虫効果、嫌なにおいを軽減する消臭・脱臭効果などが科学的にも認められています。
大塚建設の基礎はどのような種類の基礎ですか?

ベタ基礎

ベタ基礎です。
ベタ基礎とは基礎の立ち上がり、地面と接する底面も鉄筋コンクリートになっている基礎です。家の荷重を基礎全体で支えます。
建築基準法では直径10mmの鉄筋を30cm以下の間隔で縦横に配置することとされていますが、大塚建設では15cm間隔で細かく配筋しています。地面がコンクリートで覆われているため、湿気や白アリのリスクもありません。

地盤調査はなぜ行うのですか、また必ず行わなければならないのですか?
住宅を建てる際に地盤が建物を安全に支えられるか、地盤の支持力や沈下量等を調べます。万一基準に達しない場合は、地盤改良工事を行う必要があります。
建物がいくら丈夫であっても支える地盤が弱くては建物全体が傾いてしまう事にもなりかねません。
費用は調査結果・工法により異なるので一概に金額は明記できませんが、お客様の土地の地盤改良に一番適した工法をお薦めしております。 住宅瑕疵担保責任保険に加入するために必ず調査が必要です。
このページの先頭に戻る

建物保証はありますか?
住宅品質確保促進法に定める基本構造部分「構造体力上主要な部分又は雨水の侵入を防止する部分」については保障開始日から10年間保証いたします。
その他各部位ごとに1年から2年にわたり保証期間を定めています。
お引き渡しの際に保障部分を記載のうえ、保証書を発行しております。
白アリ(防蟻)の保証はありますか?

パッキン

大塚建設では基礎と土台の間にロング基礎パッキンを使用しています。
通気が大変良くなるため、薬剤処理することなく10年の保証をさせて頂いております。
大塚建設の基本的は考え方では、できるだけ薬剤などの処理することなく自然の力で建物を守っていきます。アレルギー防止にも効果があります。材料の選択には、アスベストなどのように当時は、安全とされていたものが現在では使用不可となるような材料は使用せず、実績のある安心、安全なものを使用するよう心掛けております。

住宅瑕疵担保責任保険とはどのような保険ですか?
大塚建設では国土交通大臣指定住宅瑕疵担保責任保険法人「住宅保証機構」の”まもりすまい保険”に加入し、お客様にお引き渡しいたします。
まもりすまい保険では住宅品質確保促進法に定める基本構造部分について瑕疵が発見された場合、住宅業者が負担する補修費用に対して保険金が支払われるものです。当社に万一のことがあった場合でも、お客様に直接補修費用が支払われます。
工事期間中は第3者専門の検査員(第3者機関の建築士)が現地調査を行なうので安心です。
保険証券は、お引き渡し時にお渡ししております。
より細かい検査をご希望の方は有償にて承っております。

TEL:0120-07-1537

このページの先頭に戻る
TEL:0120-07-1537
2019/10/18[09:35:32]